福島第一原発の問題が解決していない状態ですが、補償問題の話しが出始めました。

東京電力の株価を見ると、東京電力は、自身が潰れる程の賠償額を負担することは無いと考えているみたいです。

大部分を国が負担する事になるでしょうからね。。。

という事で、国の責任。賠償問題とそれに税金が使われる事など、私の中にある嫌なモヤモヤを解消するために戯言を書きます。

思った事を書くだけなので気分を害される方がいると思います。そのような気持ちになったら、すぐにページを閉じてください。我慢は体に悪いですからね・・・

国の責任って?

今回の問題に限らず、国の責任と言われる問題は多々あります。薬の副作用について国の責任を認める判決が出たりとか。。。

これは、国として適切な措置をとらなかったから。という事なのだと思います。

今回の原発問題も、原子力発電という事業が一部国策みたいな事業であったりするので、国の責任。という話しになるのでしょうね。。。

国としてできることがあるのにやらなかった結果、問題が起こったのだから責任を取りなさい。という事かな?

これは、当然の事だと思います。

賠償の額は?

国の責任が認められると、次は賠償が発生します。この金額は、裁判で決められたり、双方の合意で和解したり。で決められる事ですね。

金額については、専門の人たちが決めているのでしょう。これも変な所は無いと思う。

誰の責任?

問題の原因は、だいたいが人災です。組織の問題としても突き詰めると個人の問題に落ち着くはず。でも、責任を個人にもっていく事はしません。これは一般企業であっても同じで、外部に対しては会社が責任をとり、会社内で個人に対して処分する形でしょう。ですから、誰の責任か?という事を考えたりするのも変な話しなのです。

んじゃ、何が変なの?

こうやって考えてみると、全てが当たり前の事であって、何も問題が無いように思えます。でも、腑に落ちない。。。

なんでだろう?公務員とそれ以外の人たちとで何が違うのだろう??

比較してみる。

一般企業が問題を起こした場合と、国など公の機関が問題を起こした場合で比較してみましょう。

※ここまで直接的に問題が連鎖することは無いと思いますが、考えやすくするために短絡的に書いています。

一般企業の場合
  1. 問題が起こる
  2. 裁判の結果。賠償金額が決まる
  3. 賠償金を支払う
  4. 利益が減る(場合によっては赤字になる)。そして業績悪化。
  5. リストラや給与カット
国の場合
  1. 問題が起こる
  2. 裁判の結果。賠償金額が決まる
  3. 賠償金を支払う
  4. 予算が足りなくなり、赤字国債を発行する
  5. 増税で収入を増やす

4までは同じなのに、5が違う。つまり、損失を補う方法が違うのかな?

企業の場合は、単純に価格を上げても収入を増やす事はできません。なので、経費を削減したり、資産を売却したり、借金したりします。

国の場合は、独占状態なので増税することができます。なので、企業のように経費を削減したりする必要は無く、損失を補う事ができます。

双方を近づけてみる

国と企業のやり方を近づけてみようと思ったのですが、国のやり方に合わせられる企業は少ない(電力など独占企業だけ)ので、国のやり方を企業のやり方に近づけてみます。

プラン1:予算を決めちゃう

企業で言う5をやりましょう。という話しになります。予め賠償費用などの予算を決めておきます。この時の額は、一般的な企業で見積もっている額を参考に考えれば良いと思う。

そして、賠償金を払い続けて予算が無くなってしまった。この場合は、公務員全員の給与を下げて補填します。

下げる場合の限度割合(役職別に30%〜50%とか)を予め決めておいて、補填しきれなかった場合は、増税する。

まずは、公務員の給与を削りましょう。単純に削るといってもどれだけ削ったら良いのか分からないだろうから、基準を決めておきましょう。いくらでも下げる。とかだと色々な意味で破綻してしまうと思うので限度も決めておきましょう。という考え。

プラン2:逃げちゃおう(国外へ・・・)

こっちは企業が単純に値上げした場合と同じ状況を再現しちゃいましょう。という話しになります。国だから独占と書きましたが実際は違います。嫌になったら別の国に逃げちゃえば良いのです。市や県も一緒。その自治体の運営が嫌なら別の土地に移ってしまえば良いのです。

企業の製品やサービスが値上がりした結果、それに見合った価値が無いと思ったら買わなくなります。国も一緒。支払う税の額に見合った見返りが無いと思ったら、税金を払わなければ良い。単に税金を払わない。となると脱税になるので、合法的に払わなくて良いようにする。つまり、国外に移住しちゃいましょう。という事

さて、どうなるか。。。

二つのプランを書きましたが、現実的なのはプラン2だと思います。そして、このプラン2を考えている人はいっぱいいると思う。

私の場合は、税金が高いといっても、海外と比べてめちゃくちゃ高い訳では無い。とか。治安が良い。とか

色々な事を考えた結果、今は日本に住む方が良い。と考えています。

ただ、今の状況がいつまでも続くわけでは無いので(高齢化問題など)、保険となるプランは用意しておこう。

だらだら書いた結果は?

だらだらと書きましたが、書く前と書いた後で自分の考えは何も変わっていませんでした。。。

何か変わったか?というと、「公務員ずるい!!」という気持ちが薄れた事くらい?

いつでも国を捨てる覚悟と準備をしつつ、「さぼりーまん」として生きていきます^^

■ 関連する雑記